歯を白くできる歯磨き粉について

 

ホワイトニングできる歯磨き粉がある?歯を白くしたい方は必見!

 

お肌のメンテナンスはバッチリですし、ヘアケアも行き届いているのに、口を開いたら前歯が黄色かったら、かなり残念な印象を受けることになります。厳しい現代を駆け抜けるビジネスパーソンは、見た目の清潔さも重要視されますし、それ自体も評価の対象になります。開いた口からこぼれる歯が、黄色く期待な状態でしたら、ビジネスでの評価まで下げてしまいます。それくらい見た目は、現代の社会では大事にされていることだからです。

 

そこで歯を白くする歯磨き粉での、ホワイトニング効果を期待してしまうのも、人間というものです。特に日本のビジネスマンたちは勤勉でよく働きますので、忙しいことこの上ありません。そのため、歯を白くできる歯磨き粉でのブラッシングくらいであれば、日々の日課としてもしやすくなります。結論から言うとある程度の、ささやかなホワイトニング作用は期待はしてもいいでしょう。しかしそれは、かなりささやかなものです。

 

歯の表面を白くする成分の正体は、歯の表面を削り取る研磨剤です。削れば表面の汚れは落ちますが、やりすぎたら葉の場合は象牙質が出てきてしまいます。過剰なブラッシングを帰属してしまったら、今度は激しい知覚過敏で苦しむことになります。歯を白くさせるための歯磨き粉は、使用してもいいのですが、歯のメンテナンスとして、たまに使うくらいにしておくことです。毎日歯のブラッシングでしようをしたら、ほかの歯のトラブルで悩むことになりますので要注意です。

 

歯の状態をできるだけ白く保ちたいのであれば、まずはタバコをやめることです。一昔前はタバコを吸うことが、なんとなくかっこいいイメージがあったような時代もありましたが、現代は全く違います。そもそも仕事のできるビジネスパーソンは、タバコは百害あって一利なしを理解しているので、吸うことはないのです。逆に仕事ができないと思われますし、歯の色も黄色くなって不衛生になるため全く良いことはないです。

歯医者へ行かずに歯を白くできる?

 

ホワイトニングできる歯磨き粉がある?歯を白くしたい方は必見!

 

鏡を見ると、黄ばんだ歯が見えてしまって気分が落ちてしまうという人が多いです。元々、日本人の歯は真っ白ではなく、少し黄色が入った白い色をしていますが、年齢と共に黄ばみが強くなっていきます。これは、コーヒーやカレーなどの着色性のある飲食によって歯の表面に汚れがついていくことが原因ですが、歯の表面だけでなく、内部まで色素が沈着していくので、なかなか歯を白くすることは難しいです。

 

歯科医院に行けば、歯の表面の汚れはもちろん、歯の内部に入り込んだものまできれいにすることができます。内部に入ってしまったものは、漂白作用のある薬剤を使わなければ落とすことができません。日本では法律で歯科医院でしかこの薬剤を扱うことができす、ホワイトニングを受けなければいけません。

 

それでもホワイトニングをするまでは希望しないけれど、自宅で歯を白くする方法があればやりたいという潜在的な希望を持つ人は意外といます。そこで、おすすめなのが、重曹と水を混ぜて、歯磨き粉程度の固さにして、歯を磨くと言うものです。

 

こすり過ぎると歯が削れてしまうので、たまに行う程度にしましょう。歯の表面にパックするようにするのもいい方法です。重曹には工業用と食用がありますが、歯を白くするのに使うには食用のものにします。間違って飲み込んでも安全です。

 

また、バナナの皮を使った方法もあります。バナナの皮の内側の白い部分にはミネラルが豊富に含まれていて、着色成分を吸着する働きがあります。皮の内側の部分を歯に付けるようにして5分ほどその状態を維持しましょう。唾液が出てしまいますが、唇は開けた状態の方がいいです。

 

バナナの皮を適当な大きさにカットして、使いやすい大きさにするとやりやすくなります。バナナには糖分が豊富に含まれているので、これを行ったあとには必ず歯を磨くようにしましょう。歯を白くするつもりが、虫歯になってしまっては逆効果になってしまいます。歯を磨いた後は30分飲食を避けましょう。

 

歯についた着色を消すには?

 

ホワイトニングできる歯磨き粉がある?歯を白くしたい方は必見!

 

日本にはお茶好きな人がたくさんいます。健康によいとされるお茶ですが、毎日のように習慣的にお茶を飲んでいると、歯に茶渋がついてしまうことがあります。

 

歯の表面に茶色や黒色の色素沈着が起こってしまうのが特徴です。色素沈着が起こると、そう簡単には除去することができません。一般的な歯ブラシの仕方では、なかなか色が消えてくれませんが、少し工夫を凝らすことによって、見た目的に好ましくない歯の茶渋を落とすことが可能です。

 

歯の色素沈着の除去方法として、自宅で行うのであれば、美白タイプの歯磨き粉を使うようにしましょう。美白タイプの歯磨き粉は、一般的な歯磨き粉とは違います。歯磨き粉の中に色素沈着を落としやすくする研磨剤と、有効成分が配合されています。

 

使用する際には、最初に歯の黄ばみ汚れを落としてくれる歯磨き粉や便利グッズを使います。歯の表面を傷つけないように、丁寧に磨いてください。その後に美白タイプの歯磨き粉を歯ブラシに乗せ、歯を磨いていきます。この順序で行うと、効率よく色素沈着が落ちてくれます。

 

最後に歯の表面を滑らかにする、フッ素を歯に塗って仕上げます。ジェルタイプのフッ素などがおすすめです。フッ素を歯の表面に塗ることで、歯の凸凹部分に茶渋が付着するのを防ぎやすくなります。

 

この方法で気をつけたいのが、研磨剤の効果があまりにも強すぎる美白タイプの歯磨き粉を使うことです。歯の表面を傷つけてしまい、余計に色素沈着の症状がひどくなる危険が高まります。強い研磨剤が入っている歯磨き粉は海外製のものでよく見受けられますので、海外製のものを希望する場合には、よく商品を確かめるようにしてください。

 

日本製の一般的に市販されているものであれば、あまり心配はいりません。安全に使いたいなら、日本製の美白タイプの歯磨き粉を使いましょう。
ちなみに、美白タイプの歯磨き粉を使っても、色素沈着を落とす効果は弱いため、より美白を求めるなら、審美歯科で治療を行ってください。

 

歯についたたばこのヤニ対策

 

ホワイトニングできる歯磨き粉がある?歯を白くしたい方は必見!

 

タバコを吸っていると体に悪影響が出ますが、それ以外にも歯に汚れがつくというリスクもあります。タバコに含まれているヤニは歯にこびりつきやすいので、汚れとなって歯にくっついたままになります。タバコを吸っている方は歯が黄色くなっている方も多いです。

 

この黄色い汚れが落とす事が困難になったタバコのヤニです。ヤニは歯につくとステインという物質に変化しますが、このステインという物質は他にもコーヒーやワインにも含まれています。

 

タバコを全く吸わない方でもコーヒーやワインを沢山飲まれる方は歯が汚れやすいです。この汚れは普通に歯磨きをしただけでは落とせないのでタバコやコーヒーを控えても歯が汚れたままで悩まれている方も多いです。歯についたステインを落とす方法は二つあります。

 

審美歯科という歯科医院は歯を綺麗にするなら便利です。ここは歯の病気を治療する一般的な歯科医院とは違い、歯を綺麗にする事を目的としているクリニックです。虫歯等の歯の病気を治す事は出来ませんが一般の方では落とすのが難しい汚れを綺麗に落として白い歯にして貰えます。ステインも綺麗に落として貰えるので歯を綺麗にして貰いたい時にはここを利用するのが確実です。

 

少しお金がかかるのがデメリットでお金に余裕が無いと利用するのは難しいです。

 

もう一つの方法がホワイトニング用の商品を使用するという方法です。ホワイトニング専用の商品が販売されているのでクリニックを直接利用しに行かなくても自宅でホワイトニングに挑戦出来るというメリットがあります。

 

人気が高い商品は効果が十分に出てくれるので、何回か試していると段々と汚れを落としていけます。使い方は歯磨きとあまり変わらないのでそこまで手間がかかりません。審美歯科を利用する方法よりもお金がかからないので利点は多いです。人によっては審美歯科を利用しないと綺麗に落とせない場合もあるのでお金が無駄になってしまいます。自分に合った方法で歯のステインを綺麗に落として白い歯にしましょう。

 

ホームホワイトニングについて

 

ホワイトニングできる歯磨き粉がある?歯を白くしたい方は必見!

 

ホームホワイトニングとは歯を白くする方法の一つで、マウスピースの中に専用の薬液を入れ、自宅で毎日数十分から数時間装着します。使用するマウスピースは歯科医院で製作するか、市販のマウスピースを購入することになります。安全で確実なホワイトニングを行うためには、事前にきちんと歯の状態を確認しておく必要があるので、初めてホームホワイトニングを行う場合は、市販のマウスピースではなく歯科医院で製作ことをおすすめします。

 

ホームホワイトニングの治療期間は約2週間から8週間で、希望する歯の白さで期間が左右されます。ホームホワイトニングのメリットは歯にへの負担が少ないことと、自分の希望する白さになるまで続けることができることにあります。また、歯科医院で短時間のうちに行うオフィスホワイトニングよりも低価格です。

 

頻繁に歯科医院へ行く必要はないので、定期的な通院が難しい人でも自宅でホワイトニングを行うことが可能です。ただし、オフィスホワイトニングよりも歯が白くなるまで時間と手間がかかります。

 

ホームホワイトニングをしている時や後に、歯にツンと軽い痛みが生じることがあります。歯は表面はエナメル質で、その内側に象牙質があり、歯の中にある神経を守っています。この象牙質自体にも知覚があり、何らかの刺激が加わると知覚過敏と呼ばれる痛みを感じます。

 

ホワイトニングで使う薬液は、消毒薬を濃くしたものと同様で、象牙質が露出している部分に触れると、傷口に消毒液がしみるような痛みを感じてしまいます。ただ、この知覚過敏による痛みは歯に対してダメージを与えるものではなく、一過性のものです。

 

そのため、ホワイトニングが終わるか、終了後24時間以内に痛みがおさまるのが通常です。もしも知覚過敏の症状が出た場合には、知覚過敏用の歯磨き粉やフッ素が配合された歯磨き粉を使用することで早く痛みがおさまります。もしも痛みが強い場合は、鎮痛剤を服用することも可能です。