ラミネートベニアとは、審美治療法の一つです。

 

歯を白くできるラミネートべニアとはどんな方法のこと?

 

そもそも、ラミネートベニアとは、歯の表面のエナメル質を少し削って、薄いラミネートの材料を貼り付ける治療方法です。このことによって、歯をより白くしたり、形を整えたりすることが可能です。歯のすきまや歯並びを改善させることもできます。

 

そのため、歯が色素沈着を起こして黄色っぽくなっていて悩んでいるという人や、歯並びが悪く歯にすきまが空いてしまっているというような人に向いている施術です。

 

ホワイトニングをしてもなかなか歯が白くならないという人にもおすすめです。歯の形が悪く改善したいという時にも、ラミネートべニアは役立つでしょう。ホワイトニングだと定期的にメンテナンスをすることが必要ですが、ラミネートべニアだとより長い間白さを保つ事ができます。歯に隙間がある場合には、その両隣の歯にラミネートべニアの施術を施して大きくすることで、埋めることができます。

 

このような要領で、歯並びが悪い場合や、段差が出てしまっている場合でも改善することが可能です。さらに、歯の形を変えることも可能です。全体的に丸みを帯びた形にしたい、四角く揃った形にしたいという時も、この施術を受けることによって形成することができます。より美しい歯を目指したいという人に向いている治療方法だと言えるでしょう。

 

ラミネートべニアのメリットとしては、まず、歯を削る量が少ないという点が挙げられます。そのため、歯に与えるダメージが少なく、短時間で治療を終える事ができます。また、削る量が少ないので、痛みが出にくいというメリットもあります。

 

さまざまなメリットがあるラミネートべニアですが、高い技術力が必要な治療だと言えるでしょう。施術を受けようと考えている際には、医師としっかりカウンセリングを行った上で施術を受けるようにしましょう。料金なども、病院によって異なってくるので、一度相談に行ってると良いでしょう。