歯の消しゴム

 

歯を白くする消しゴム・ガム・テープがあるの?

 

自分の歯の色が他の人と比べて良くない、黄ばんでしまっていると感じている人は大勢いるでしょう。白くて美しい歯であれば、歯が他人に見えることを気にせずに思いっきり笑えるのに、歯の色が気になって人前ではあまり笑えないという人もいるほど、歯の黄ばみは大きな悩みになるものなのです。歯の黄ばみは普段から丁寧に歯を磨いていたとしても、食事の際に食べ物や飲み物の色が、タバコを吸った時にヤニなどが付くといったように、日常的に行っている行動の中で自然と生じてしまうものなので、付いてしまった黄ばみは工夫して取り除くことが必要になります。

 

その悩みを解消するために、審美歯科医院に行ってホワイトニングを受けるという方法もありますが、金銭的な事情や時間が取れないなどの理由でその方法は難しいという人には、もっと安い金額で実行できる方法もあります。それらの中でも比較的新しいものとしては、価格の安さと使いやすさで近年大きな関心を集めているアイテムが歯の消しゴムを挙げることができます。歯の消しゴムはその名前から分かるように、紙の上の文字を消すような感覚で、歯の表面の黄ばみを取り去ることが期待できる商品です。ただその形状は直方体に限らず、狭い部分にも使いやすいペン先のような形だったり、ユニークなものだと歯の形をしていたりといったように様々です。

 

歯の消しゴムの基本的な素材は歯に対する影響が少ないシリコンゴムなのですが、そこに研磨剤が含まれているのが大きな特徴となっています。歯の消しゴムの歯を白くする効果はその研磨剤の働きによるもので、歯の表面に付着したステインと呼ばれる着色をこすり落とすのです。この歯の消しゴムは歯の着色に対してダイレクトに働きかけるものなので、自宅で簡単にできる方法の中では、歯を白くする効果が比較的高いものと言えます。安全性に関しても、通常は問題ないと言えるのですが、使いすぎると歯の表面のエナメル質を削って傷を付けてしまい、逆に歯を汚くしてしまう恐れもあるので、その点に対する注意は大切です。

歯を白くするガム

 

歯を白くする消しゴム・ガム・テープがあるの?

 

歯は虫歯や加齢により色が変化する場合があります。歯を白く綺麗にする方法としてホワイトニングがありますが、歯医者に通うのは時間や手間、高額な費用がかかるため敬遠されがちです。歯医者に通う手間やお金をかけずにホワイトニングを簡単に行う方法として、歯を白くするガムがあります。

 

どのようなガムでもホワイトニング効果があるわけではなく、歯を白くするためにはキシリトールガムが最も適しています。キシリトールには歯垢がつかないようにする効果があることは広く知られていますが、さらに最近の研究で「メタリン酸ナトリウム」と呼ばれる成分が歯のステインを落としたり変色を防止する効果があると発表されたため、キシリトールガムにメタリン酸ナトリウムが配合されているものが歯を白くするガムとして売られるようになりました。

 

このメタリン酸ナトリウムは食品の形状を保ち触感をよくするなどの目的で食品添加物として使用されることがあります。そのため歯を白くする効果はゆるやかなものですが、一般的に歯のホワイトニングで使われる過酸化水素に比べて安全です。

 

またガムには噛むことによって唾液をの分泌を促進する効果もあります。唾液には食べ物を洗い流す洗浄作用や自浄作用があるため口の中を清潔に保つことができます。

 

唾液が少ないと飲食物のカスが歯に残りやすく、虫歯や着色の原因となります。唾液が多く出る人ほど着色が少ないのは、歯が常に潤っているため着色に対してバリアをはっている状態になるからです。歯を白くするガムに含まれる成分と、ガムを噛み唾液の分泌を促すことによってホワイトニングの効果があると考えられます。

 

以上のようにガムを噛むことによって歯を白くすることは可能と考えられています。しかし、キシリトールガムは歯垢が付かないようにする効果はありますが、着色以外が原因で歯が変色している場合に白くすることは難しいです。また、歯医者で行うホワイトニングのように短期間で劇的に白くなることはありませんが、毎日少しずつでも白くしたいのならば歯を白くするガムを噛むことは手軽で続けやすいのではないでしょうか。

 

歯を白くするテープ

 

歯を白くする消しゴム・ガム・テープがあるの?

 

日々の生活の中や食事や飲料水などの摂取により、小さい頃は白かった歯も年齢とともに黄ばみが気になったりします。歯に清潔感があると顔の印象もよくなります。そのため、近年では歯を白くすることも重要視されています。

 

日本ではまだあまり知られていませんが、歯を白くするテープはアメリカでは知らない人はいないくらい一般的です。種類にはいくつかありますが、一般的には過酸化水素が配合されているものになります。

 

日本では、医療機関や歯科医院でしか使用が認められていないものなので、効果は期待できます。テープを短時間歯に付着させることで、ホワイトニングの効果を得ることができます。しかし、歯並びの悪い方は、テープに切れ目を入れるなどして万遍なく歯にテープが付着するように工夫する必要があります。過酸化水素は、歯のエナメル質を侵食して、光を乱反射させます。そうすることで、歯を白く見せる効果があります。

 

しかし、エナメル質が修復されると効果が薄くなってくるので、白さを維持するには定期的に続ける必要があります。お手軽で、効果が大きいということからアメリカでは人気のホワイトニング方法となっています。歯を白くするテープは効果が高いことから、安全面を気にする方もいます。日本では医療機関などでしか認められていない過酸化水素を使用していますが、適量を守り過剰に摂取することがなければ安全性に問題はないと言えます。

 

また、過酸化水素は虫歯の予防や雑菌作用があるとも言われています。アメリカでは多くの方が歯のホワイトニングの経験があるということからも安全面では安心できると言えます。しかし効果が高いぶん刺激が強いので、長時間貼り続けると痛みを伴うことがある為注意が必要です。また、ホワイトニングに適していない歯もある為、使用前には用途、用量をよく守り使用する必要があります。

 

歯が白いと清潔感があり見た目の印象も大きく変わります。歯を白くするテープは、歯にコンプレックスを持っている方にとって、よい効果をもたらしてくれます。