歯の黄ばみの原因は様々です。

 

歯はなぜ黄ばむのか?対策方法も解説

 

まず、一番の原因は煙草が挙げられます。煙草を吸うと歯にヤニが付着し、黄色くなるなります。

 

煙草のヤニは歯の表面に付着するとステインという物質に変化します。これが黄ばみの原因となり、ステインは一度付着すると通常の歯磨きで落とす事が不可能です。煙草を吸う際コーヒーを一緒に飲む事はステインが付き易くなります。これは口臭にとっても悪い組み合わせです。また、ステインは赤ワインや紅茶、カレーといった色の濃い物にも含まれています。

 

そのため、歯の黄ばみが気になる人は避けた方が良いと言えます。また、虫歯や歯周病といった歯の病気を抱えている人も歯に汚れが目立ちます。虫歯によって歯が溶かされることが原因のためです。更に、神経を抜いた治療をした場合などは、歯には栄養が行き渡らないため歯がだんだんと変色し、黄ばんでいきます。

 

また、加齢による場合もあります。若い頃歯が白かった人も、年を重ねると歯の黄ばみが目立つ場合があります。これは加齢により、表面のエナメル質が薄くなり、本来黄色の色をした象牙質が透けて見えることが原因であるためです。また日本人は欧米人と比較して、歯の黄ばみが目立ちやすくなっています。日本人の歯は欧米人の歯よりエナメル質が薄く、象牙質の色が透けやすいためです。また、遺伝によって比較的歯の黄ばみが目立つ方もいます。そのため、歯の黄ばみは汚れによるものではない場合もあります。

 

これらを予防するためには、汚れの付着を防ぐため、濃い色の食べ物や飲み物を食べた後は、水で口をゆすぐ、食事後の歯磨きをしっかりと行うという事が重要です。また、付着した黄ばみを改善するためには、口の大きさに合わせたマウスピースを作成し、濃度の低い薬剤を入れ、歯にはめて装着するホームホワイトニングを行ったり、比較的高い濃度の薬剤を使用し、色素を分解し歯の着色を無くす事が可能なオフィスホワイトニングを行う事が最適です。