マニキュアと言えば爪に塗るものですが、実は歯に出来るマニキュアもあります。

 

歯を白くするためのマニキュアの話

 

歯を白くするためには歯医者でホワイトニングを行ったり、専用の歯磨き粉を使ったり、という方法があります。しかしそれだけでは白い歯にならないケースも存在しています。

 

結婚式や人前でのスピーチなど、1日だけのイベントのために歯を白くしたいと思っても黄ばんでしまった差し歯や銀歯などは自分ではどうやっても白くすることは出来ず、新しいものに差し替える必要があります。しかしそれには歯医者に通う時間や高額な費用が掛かってしまいます。時間も費用もかけられないという場合に簡単に歯を白くする方法が歯のマニキュアなのです。

 

方法は簡単で、爪のマニキュアを行う時のように見た目の色が気になる歯に専用のマニキュアを塗るだけの手軽さです。ネットなどでも多くの種類が販売されていて自分で行うことも可能です。自分で行うメリットは一度購入すると何度も利用することができ、3000円程度で購入することができます。自分で好きなタイミングで塗ることができ、かかる時間も1本あたり数分のため、歯医者の予約を取ったり通う手間が省けます。

 

デメリットとしては人によって持ちは違いますがほとんどの場合で1日程度で剥がれてしまうため、イベントなどの前日や当日の朝に行う必要があります。

 

しかし不器用で綺麗にできるかどうかわからないというような場合には、歯医者でも塗ってくれるところがあります。費用は歯医者で行う1本あたり2000円程度で行うことが可能です。複数本のマニキュアを行う時には費用が高額になってしまいますが、一度行ってしまうと1か月程度は効果が持続すると言われており、さらにプロの手で行ってもらうので自分で自分の歯にマニキュアをするよりも綺麗に仕上がります。

 

1本あたり5分ほどかかってしまうため、人から見える部分全部にマニキュアを塗る場合には1時間以上の時間がかかってしまいます。