差し歯

 

 

歯の上の部分が虫歯などで失われてしまったため、残った歯の根の部分に金属やプラスチックでできた土台を埋め込み被せものをする治療の事を「差し歯」といいます。まるで本当の自分の歯のように直せるため一般的な方法として知られています。

 

歯は基本的に時が経つにつれ汚れが蓄積し黄ばむなど色が変わってしまうことがありますが、その場合自分の歯であればホワイトニングで白くすることができます。ホワイトニングは歯の表面を溶かして内部を漂白する方法が一般的です。しかし差し歯の材質の元の色は白に近い色ではなく、すでに白く着色されているためそれ以上漂白することは不可能です。

 

しかし、まだ一般的ではありませんが最近ではホワイトニングで差し歯を白くする方法が出てきました。これは歯を溶かさずに汚れだけを分解して元の歯の色に戻す方法で、歯医者ではなくホワイトニング専門店で行うことができます。基本的にホワイトニングに使用する薬剤は差し歯に悪影響があります。しかし、ホワイトニング専門店では歯医者と異なり歯を傷つけたり溶かす成分が含まれていないホワイトニング溶液を使うため問題なく白くすることができます。

 

本来自分の生まれ持った歯には表面に薄い膜があり、それは虫歯の原因となる酸から歯を守り着色を防いでくれる働きがあります。しかし当然ではありますが、差し歯にはその機能がないため本来の歯より色が変わりやすいのです。また、保険適用の歯は安価で手が出しやすいというメリットはありますが、保険適用外の歯に比べて着色はしやすいです。

 

ホワイトニングをせずに白くしたいと望むのであれば、最も有効な方法としては差し歯を新しく作成し直すということが挙げられます。保険適用であれば安い費用で新しくきれいな差し歯に取り替えることも可能なため、この方法を提案する歯医者がほとんどです。

 

ホワイトニングであれ新しく差し歯を作成しなおすであれ、どちらの方法でも一長一短はあります。どの方法が自分に最も合ってるいるかよく考えてから試すことが大切です。

 

 

神経がない歯

 

差し歯・神経のない歯も白くすることができる?

 

通常は歯の着色などにはホームホワイトニングや歯科医でのホワイトニングなどが有効になります。しかし、神経がない歯は通常のホワイトニングで歯を白くすることは効果が見込めないことがほとんどです。では、神経がない歯はどうしたらいいのでしょうか。

 

一番確実な方法としては、歯を削ってしまいセラミックなどで差し歯にすることです。オールセラミックは金額は高額ですが、ケアをしっかりすることで長持ちします。そしてずっと白い歯を保つことが可能です。食べ物も気にせずに食べることができ、自分の歯と同じように生活できます。しかし、歯をかなり削らなくてはならないので歯を残したい人には不向きと言えます。

 

歯を削りたくないという場合には、ネイルの付け爪のように歯の表面を薄く削って歯の色のセラミックなどでできた薄い板のようなものを張り付ける方法です。削るのはほんの少しなので処置は簡単です。セラミックなら変色などの心配もありません。しかし、歯によっては向かない場合もあります。土台になる歯がぐらぐらしてしていてしっかりしていない場合や、大きな虫歯ある場合などにはつけることができない場合があります。そして癖などによっては耐久性が落ちてしまう場合もあります。

 

歯のマニキュアという方法もあります。自分で歯のマニキュアを購入して塗るという方もいますが、きれいに塗るのは難しく長く持ちません。一日で落ちてしまうので毎日塗る必要があります。安価で手軽なので、塗ることになれればある程度は目立たなくすることは可能です。歯科医院で塗るというマニキュアもありますが、セルフよりは高額になります。仕上がりがきれいなのですが、白い歯を持続させるためには剥がれるたびに歯科医での施術が必要となります。

 

しかし、一日で希望の白さになります。数日から数か月効果が持続するタイプがあります。自分の歯や歯茎の状態に合った歯を白くする方法を見つけることが大切です。