重曹の意外な使い道

 

歯を白くする使い道で重曹を利用している人もいるの?

 

歯は白く輝いているほど、魅力的ですが、タバコや食生活などの影響で、色がついてしまうことはよくあります。そんなときに歯を白くする事ができると言われているのが、料理や掃除などにも活躍する重曹です。では、世間で言われているように、歯を白くする効果があるのでしょうか。

 

実は重曹が持っている効果というのは、漂白効果ではなく、歯の表面にこびり付いた汚れを落とす効果です。つまり、歯そのものの色を取り除くということは出来ません。
もちろん、汚れが落ちれば白い歯が見えるという結果がもたらされることもありますが、本当に歯に色がついてしまった時にはホワイトニングに用いられる過酸化水素水が良いのです。

 

また、綺麗な歯を維持するということでは、虫歯予防に効果がいくらか効果があるとされています。それというのも重曹というのはアルカリ性の物質で、食事をした後に酸性になっている口の中を、中和してくれるのです。

 

虫歯菌は酸を出して歯を溶かし、唾液などで酸を中和させることで再石灰化をすることができます。重曹の働きで、中和が早く進めば、それだけ再石灰化がし易い環境が作られるのです。それに、歯周病など歯や歯茎にダメージを与える菌を、重曹のアルカリ性で殺菌してしまうことも可能です。

 

ただし、注意点としては重曹には塩分が多く含まれています。ですから歯磨きに多く使用してしまうと、塩分の摂取量が多くなってしまうかもしれません。それに重曹は歯を繰り返し磨いたり、力を入れて磨いたりすると、歯を守るエナメル質が少なくなってしまうのです。それではいくら歯の汚れが落ちて、見た目が切れになったとしても虫歯などのリスクが高くなってしまいます。
使用する重曹にも気をつけましょう。

 

掃除などに使う普通のタイプと、食品などに使う食用のタイプがあります。食用であれば口に入れても問題はないですし、粉のキメが細かいので、研磨しすぎて歯を傷つけるということも少なくなります。